【簡単】ConoHa WINGのWordPress自動バックアップ方法と復元方法

  • URLをコピーしました!

こんにちは。すずきです。

この記事では、ConoHa WINGのバックアップ設定方法と復元方法を解説します。

  • 突然サイトが表示されなくなった…
  • 今まで作成した記事やコンテンツが消えてしまった…
  • 設定を変更したら、サイトが崩れてしまった…

そんな時、バックアップがあると安心ですよね。
ConoHa WINGでは、無料で簡単にバックアップの設定ができボタンひとつで復元する事が可能です。

この記事を読む事で、もしもの時にも安全に対応でき、サイト運用をスムーズに行えるようになります。

目次

ConoHa WINGの自動バックアップ設定方法

ConoHa WINGでは、毎日自動でサイトのデータをバックアップしてくれています。

下記画面に沿って、バックアップ管理画面に移動します。

バックアップのページに移動すると

  • Web
  • Mail
  • DB(データベース)

上記が保存されているのが確認できます。
ConoHa WINGは、特に設定をしなくても毎日自動でバックアップしてくれています。

この中から「Web」「DB」データを使用する事で、サイトを復元する事ができます。

ConoHa WINGのバックアップ復元方法

次はバックアップの復元方法について解説します。

とはいえ、クリック1つなのでとても簡単です。
以下の「リストア可」をクリックします。

基本的には一番新しい日付のもので大丈夫です。

トラブルが起きてから日付が経っていたり、最新のもので解決しない場合などは1つ古いものを使用するなど、臨機応変に対応してください。

すると上記のように確認のポップアップが表示されますので、「リストア」をクリックします。

これでバックアップの復元は完了です。

終わりに

この記事では、ConoHa WINGのバックアップ設定方法と復元方法について解説しました。

  • ConoHa WINGは毎日自動でサイトのデータをバックアップしてくれている
  • 復元は「リストア」のクリックのみ

特に設定をしなくても、標準でバックアップしてくれているのは便利ですよね。

ただ、ConoHa WINGは14日分のバックアップまでしか保存されません。
それ以上のバックアップが必要な場合はWordPressのプラグインで保管しましょう。

WordPressバックアップのプラグインは「UpdraftPlus – Backup/Restore」がオススメです。

WordPress.org 日本語
UpdraftPlus: WordPress Backup & Migration Plugin バックアップ、復元、移行 - 世界で最も人気のあるバックアップ ツール。クラウドへのバックアップ - バックアップをスケジュールするか、手動でバックアップ。

ConoHa WINGのバックアップや復元方法を理解し、サイト運用をスムーズに進めていきましょう。

Web制作に使えるおすすめの書籍

私が実際に購入して役に立った書籍を紹介します。
気になる本があればぜひ読んでみてください!

  • URLをコピーしました!
目次